メインコンテンツへスキップ

設立への想い

つながりに気づく機会を

今この時代に居あわせている私たちは大切なお役目をいただいている。そう感じています。温暖化の逆転や気候危機を終わらせるだけでなく、生態系の回復、町づくり、農業の活性化、格差の解消をもたらすアプローチがすでに存在していて、取り組む私たちのウェルビーイングのみならず、さまざまな生命に息吹を吹き込むことができます。このアプローチを知ると、きっと人生がより意義深いものに変わっていくことでしょう。私たちは気づくきっかけとアクションに向かう機会をお届けしていきます。
人々が、立場や違いを超えて結びつき、本当に大切なことへと向かう道を皆さんとともに築いていけたら幸いです。

代表理事

鮎川 詢裕子

届けるのは希望。

わたしが、ドローダウンとリジェネレーションから受け取ったものは、「希望」です。ひとり、またひとりと増えるたくさんの方とともに歩み続け、1年前にはまったく描いていなかった景色がいまは目の前に広がっています。私たちが起こした地球温暖化。だからこそ、私たちが変えることができる。ひとつひとつの生命がその生命としての役割を全うできることを願って、活動していきます。

代表理事

久保田 あや

この関係がさらに広がることを楽しみにしています。

一緒に仕事をしていて、とても楽しいです。私もその場に一緒にいたいです。日本での生活を思い出させてくれますし、私にとってとても大切なものです。私は、この比較的小さなチームの能力の高さに感銘を受けています。自分たちの時間と労力、そして心を捧げ、「ドローダウン」と「リジェネレーション」が日本で出版されるように導いてくれました。非常に感謝しています。私の日本語がもっと上手であればよかったのですが。以前も上手かったかどうかわかりませんが、よりひどくなっています。だからといって、みなさんや日本のチームを称賛し、感謝することを止めることはできません。この関係がさらに広がることを楽しみにしています。

アドバイザー

Paul Hawken