メインコンテンツへスキップ

一般向け公開講座

対話型読書会

「ドローダウン」や「リジェネレーション(再生)」とはどういったものなのかに触れ、自ら落とし込む機会として読書会を行っています。日常の暮らしや仕事、授業、生き方とのつながりに気づき、自分なりのアクションを起こすきっかけとして、また、読書会を通して多様な人がつながり、仲間づくりの機会にもなります。一人では読み進めるのが難しいと思っている人も、本を読み進める機会としてご活用下さい。

ご感想

  • 本を軸にしていろいろな意見や発展したお話しを聞くことができ、大変興味深い時間を過ごさせていただきました。
  • エネルギーの話題はどうしても政策や経済といった規模の大きな話と考えてしまいがちですが、エネルギー貯蔵やマイクログリッドの章を学んで、今や家庭や地域単位で動かせる話になっているんだなあとつくづく感じました。
  • 共に学び、気づき、様々な刺激をうける読書会です。ここでつながった皆さまとの想いを、少しずつでも行動に結びつけていくにはどうすればいいか? この点もぜひ皆さまと考えていきたいです!

ドローダウンワークショップ

地球温暖化逆転の可能性と、そのプロセスで果たす重要な役割を人それぞれが持っているということを理解する2時間半のワークショップです。
ドローダウンの概要とともに、解決策を見ていきます。1つの解決策を掘り下げて行くことによって見えてくる背景や構造から、自分に何ができるのかという可能性に着目していきます。地球温暖化逆転に向けて何が大切なのか、どう捉えるのかについても触れていきます。

ご感想

  • とても斬新で対象範囲の広い考え方であり、可能性の幅を感じました。
  • 逆転の可能性 という言葉、目指したいと思えるゴールであること、そしてデータに基づいた100の解決策。特にいくつもが、その兆しが現れていること、身近な食に関することのインパクトの大きさに興味を惹かれました。
  • ドローダウンの書籍は、興味があるが厚さをみて読み始めるのをためらってしまっていました。 最初に、今回のようなイントロダクションにて説明を受けることは有益でした。
  • 知識がなくても安心して参加できる印象を受けました。
  • ドローダウンプロジェクトの概要を知ることができた。地球温暖化を止められるのかどうか、正直不安が大きく絶望的かもと思っていたが、地球上の皆ができることを取り組めば、温暖化を逆転し、かつよりよい理想的な社会に近づくことができる希望を持つことができました。

リジェネレーションワークショップ

リジェネレーション勉強会の様子

ドローダウンの続編にあたる「リジェネレーション(再生)」とは何か。リジェネラティブ(再生的)なものと、そうではないものについて考えます。再生の中心にある「すべての意思決定と行動の中心に生命をおく」というアプローチがウェルビーイングや、気候危機を終わらせることにどうつながるのか関係性を理解していきます。また書籍と連動しているウェブサイトについて紹介していきます。

連続講座

再生的なあり方・考え方を各分野の専門家と掘り下げていく連続講座を予定しています。
この講座を通して、リジェネラティブな感性を養い、どう活かしていくのかを見つけていきます。ご期待ください。

この他、連続プログラムや、読書会や、ワークショップの内容を取り入れたイベントなども随時開催していきます。詳細はイベント・ワークショップをご覧ください。